英語、中国語、韓国語3ヶ国語 アラフォー並行学習者の勉強法公開

おとなの勉強に役立つ情報を更新しています!独学の方もスクールに通う方も、一緒に外国語を頑張りましょう!

勉強法 英語

【英語 勉強法】忙しい人必見!単語を楽に覚える方法

投稿日:2018年4月21日 更新日:


単語をラクに覚えましょう

こんにちは、yukkyです。

今回は英単語のラクな覚え方です。

自分も効率よく覚える方法がないかと探していましたが、良い方法を見つけて実践してみたのでシェアします。
これなら確かに芋づる式に覚えられるようになりますし、何より楽に覚えて忘れないのが大きなメリットです。

同じ時間をかけて勉強するなら毎回成果物を得たいですからね。

記憶力を高める方法についてはこちらでもどうぞ。
自分の体を動かして覚えるということをここでもやります。

楽な英単語の覚え方

【やり方】

いくら楽といっても、見るだけで単語が頭に瞬間移動!というわけではありません(笑)
また聞き流すだけでもありません。

この方法は

綴り→音→瞬時に意味

という脳のプロセスをなぞります。

単語を見て声に出したら瞬時に意味が言えるようにトレーニングします。

deskデスク

スペル意味

デスク机

ブック本

イージー簡単な

と、英語と日本語の音が一体になるくらいになってはじめて覚えたということになります。
身につくとはまさにこれですね(^^
身につきだしたら楽しくてどんどんいけちゃいます。

さらに発展形として、

deskデスクディーイーエスケー※この時点ではカタカナ発音です

Sponsored Link

と、最後にその単語のアルファベットをバラバラにしたものを思い出しながら音を出します。

この方法だと「音+意味+スペル」が頭に三位一体となってインプットされることになります(^^
ひとかたまりで覚えられるなんて、思い出すのに時間を割くことなく実用として使えるようになるのでうれしいですね。

【発音】

私を含め、音が大事!といってもすぐにネイティブスピーカーのような発音なんてできませんよね…。

最初はカタカナ発音で充分です。
発音は、もっと多くの生きた英語に触れたり、ネイティブスピーカーと実際に会話することからマスターしていくものです。
これは実際にレッスンを受けて思ったことでもあります。

バラバラに発音記号だけ覚えても本番の会話では思い出してる時間はありません。
センテンスになったときに連音化する場合も多々ありますし、
意味をもたせるためにアクセントやイントネーションの方を意識する方が大事。

また、言いたい事をはっきりさせるために主語や目的語を強調することなど
ある程度のところまでは母語である日本語でカナふりをして記憶に定着し、
塊として捉えてからどこを強調するかなどに重点をおく方が
フレーズとして口から出て来やすいんではないかと思います。

発音記号はその次のことで、
発音記号とカタカナを照らし合わせながら「このカタカナはこういう音なんだな」と
徐々にわかってくるのです。

なじみのある言葉でないとそもそも頭に入ってきませんしね。

フォニックスも並行してやることで、カタカナから早く卒業することができます。

【品詞ごとにグループ分けする!】

単語覚えるときは品詞を意識します。ペンで色分けするなどしてグループで覚えましょう。

日本語と違って、英語は品詞が大変重要です。

名詞 動詞 形容詞 副詞

と英語には4つの主要な品詞があります。

この4つを把握していないと、単語が連なっても意味をなさず文が機能しません…。
後になって出てくる構文も、これを知ってないと日本語のせつめいぶんからしてわからなくなってしまい、
英語やーめた(´・ω・`)につながりかねません。

名詞モノの名前をあらわす。
動詞モノの動きや状態をあらわす。be動詞と一般動詞の区別がある。
形容詞名詞を修飾する。※補語になる場合もある。
副詞名詞以外の様々なものを修飾する。

どの役者(単語)がどんな役割を演じるのか、配役がわかってないとお芝居の筋がこんがらがってしまいます。

【さらにグループで覚える!】

すぐに口から出て来にくい月の名前や、曜日等は1度にセットで覚えると良いです。
ここでもただスペルを見るだけで覚えるのではなく、必ず声を出して、瞬時で日本語の意味を言うことを心がけましょう。

逆に日本語から英語にする場合も、日本語を見て瞬時に英語の音が出てくるようにしてください。

グループ全体を一気にリズムに乗って声に出すトレーニングも有効です。

実際のノート画像も追ってアップしていきますね!

今回はここまでです。お付き合いありがとうございました!

-勉強法, 英語

執筆者:


  1. […] 今回はボキャブラリーを効率的に増やす方法です。 前回は目の前の単語を覚える方法でしたが、その覚えるグループを作ります。 […]

  2. […] の繰り返しをして、言葉のストックをためる。文章だけでなく単語を覚えるときも音声と一緒に。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【人間関係】メンヘラから身を守るためのバリアを張りましょう!

こんにちは、yukky です。 図らずも【人間関係】シリーズができつつありますが笑 深入りする前にバリアを張る方法、予防法をまとめましたので、ぜひご参考になさってください。Sponsored Link …

【英語 勉強法】単語帳を使わずにボキャブラリーを増やす方法

こんにちは、yukkyです。 今回はボキャブラリーを効率的に増やす方法です。 前回は目の前の単語を覚える方法でしたが、その覚えるグループを作ります。 はっきり言ってしまうと、なじみがない単語は覚えられ …

語学習得、伸びる人、伸びない人の違い

私は、韓国語教室に通っております。 週一回のグループレッスン授業に昨年のちょうど今頃から通い始めて、 基本文型を一通り習ったという、初級コースの中間点というところです。Sponsored Link 一 …

聞いたら書き取る

【英語 ディクテーションやってみた】記録公開その1

こんにちは、yukkyです。 今回はディクテーション記録です。 2分程度のスピーチをディクテーションしました。Sponsored Link ディクテーションはご存知の方も多いと思いますが、 聞こえた外 …

【英語 文法】中学で習った品詞の理解がカギを握る!

こんにちは、yukkyです。 今回は、英語の文法の中でも基本の基本、品詞についてです。Sponsored Link   最近は文法なんかいらないからとりあえず聴いて慣れよう!という風潮もあり …

category

【yukky】

アジア人として生きるために英語と中国語と韓国語を頭に入れようと奮闘するアラフォーです。
語学学習の記録やお役立ち勉強法のブログをやっています。あと、人間関係も研究中。

メールアドレスを記入し、購読のお手続きをいただけましたら、更新のお知らせをメールでお届けいたします!

13人の購読者に加わりましょう

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(中年)へ にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ にほんブログ村 外国語ブログへ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。